新着情報

大島眼科における新型コロナウイルス感染症対策

更新日:2020.8.1

大島眼科病院における新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が、福岡県で5月14日
に解除されましたが、この病気の対策は継続
して行う必要があります。
大島眼科病院では、引き続き新型コロナウイルス感染症対策を徹底して
行っていきます。

 

1. 患者さまを守るために
  大島眼科病院を受診される患者さまを新型コロナウイルス感染症から
  守るために、私たちは以下の
対策を継続していきます。

  *マスクの着用
   新型コロナウイルスの人から人への感染を防ぐため、患者さまは
   院内では必ずマスクを着用していただきます。
自分がうつされない
   ために、他の人にうつしてしまわないために、徹底して行います。

  *アルコールによる手指消毒
   新型コロナウイルスは、知らない間に手についています。手指に
   付着したウイルスを除去するために、院内に
入られる際には
   アルコールによる手指消毒を必ず行っていただきます。

  *面会制限
   大島眼科病院では、患者様にご入院いただき治療を行うことがあり
   ます。入院されている患者さまが病院内で
感染することがないように、
   入院される患者さま以外の方(家族も含めて)の病棟への立ち入りを
   制限しています。
入院時の健康状態のチェックを行い、院内感染が
   起こらないよう細心の注意を払っています。

  *付き添い制限
   “密集・密接・密着”の“3密”を極力避けるため、外来患者さまであっても
   院内に入られる付き添いの方の人数を
制限させていただくことがあります。
   最小限の人数でご来院ください。

  *パーテーションの設置
   飛沫が患者さまへ飛散することがないように、受付カウンターにアクリル板
   のパーテーションを設置しています。

 

2. 病院スタッフを守るために
  大島眼科病院で働くスタッフが感染しないよう、私たちは以下の対策を
  継続していきます。

  *マスク装用・手指消毒の徹底
   スタッフが新型コロナウイルスに感染しないために、患者さまにうつして
   しまうことがないように、業務中のマスク
装用・手指消毒を徹底します。

  *フェースガード・ゴーグルの使用
   医師・看護師が患者さまと接触する場合、必要に応じてフェースガード
   やゴーグルを着用し、医療行為にあたります。

  *病院スタッフの健康管理
   病院スタッフは、毎日の体温測定と健康状態チェックを義務付け、風邪症状
   のあるスタッフの出勤を禁止しています。

 

3. 地域を守るために
  大島眼科病院に通院される地域の患者さまの健康に留意し、十分な感染症対策
  を行いながら眼疾患診療を継続していく
ことで、新型コロナウイルス感染症に
  負けない大島眼科病院の役割を果たしていきたいと考えています。

  新型コロナウイルスに負けない社会を築きあげていくために、大島眼科病院は
  最大限努力いたします。

  患者さまにおかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。

 

                              院長 松井孝明

お知らせ一覧