HOME

音声で読みあげる

お役立ち情報

福祉の豆知識: 第5章 視覚障害に対する身体障害者認定

1.視覚障害の身体障害者等級表

1級 両眼の視力の和が0.01以下のもの
2級 1.両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が 95%以上のもの
3級 1.両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による損失率が90%以上のもの
4級 1.両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの
5級 1.両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの
2.両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの
6級 一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を越えるもの

2.二つ以上の障害が重複する場合には障害等級がかわります

まず、等級別指数表で重複する障害の各々の等級指数を調べます。
次にこの等級指数を合計し合計指数を出します。合計指数に応じて、重複する障害の最終の認定等級が決まります。
7級の障害は、一つのみでは身体障害者福祉法の対象となりませんが、7級の障害が7級以上の障害と重複する場合は法の対象となります。

障害等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級 7級
指数 18 11 7 4 2 1 0.5
合計指数 18以上 11~1 7~10 4~6 2~3 1  
認定等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級  

補足

視野障害の視能率を求めるには、視野計を使い8方向の残存視野の角度を測定しそれを合計したうえで、その結果を560で除算します。ここで、560で除算するのは、平均的な日本人の場合、同じ方法で計算するとその合計が560度になるので、それとの比較をしています(図2、表2)。
視機能が健常であれば視能率は100%となります。また、視力が全くない場合は、視能率は0%となります。

図2

図

表2
上外 外下 下内 内上 計① 視能率② 損失率③
60度 75度 95度 80度 70度 60度 60度 60度 560度 100%(①÷560×100) 0%(100-②)

例えば、中心部の半径10度の円内だけが見え、その周囲はまったく見えないような求心狭窄の場合を計算してみますと、
(560-80)/560×100=86%の損失率となります(図3、表3)。

図3

図

表3
上外 外下 下内 内上 計① 視能率② 損失率③
10度 10度 10度 10度 10度 10度 10度 10度 80度 14%(①÷560×100) 86%(100-②)