HOME

音声で読みあげる

病気を知る

黄斑浮腫(おうはんふしゅ)

黄斑浮腫とは

写真:くぼんでいるはずの黄斑がはれ上がっています 病名ではなく、さまざまな原因によって起こる、網膜の黄斑部に液状の成分がたまってはれている状態をいいます。視力低下や歪み、ものの大きさが違って見えるなどの症状が出現します。

原因となる病気

  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞性疾患
  • ぶどう膜炎

治療

原因によって治療方法は異なります。

  • 副腎皮質ステロイドの眼球内テノン下注射(眼球の周りに注射します)
    血管からの液体成分を減らすことで、はれを軽くします。早急な治療効果が期待できますが、薬剤の効果がなくなると再発するケースが多く、長期治療効果は不明です。
  • 硝子体手術
    硝子体を切り取り、網膜が引っ張られる力を解除します。(眼球内を掃除して、原因物質を取り除きます)
  • 抗VEGF薬(アバスチン®)注射
    硝子体(眼球内)の中に、アバスチン® を注射する治療もあります。長期治療効果は不明です。

<監修:上野 暁史>