HOME

音声で読みあげる

病気を知る

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

眼瞼痙攣とは

写真: 眼瞼痙攣とは 疲れた時や精神的なストスレスが重なった時など、まぶたがピクピクと細かく痙攣することは多くの人が経験します。通常ぐっすり眠るなどして休むとこの症状は消えますが、心当たりなく自分の意思にも関係なく、まぶたにひくつきやまばたきが頻繁に起きるものが「眼瞼痙攣」です。まぶたを閉じる筋肉(眼輪筋)の痙攣により突発的に両方の目をギュッと閉じてしまい、思い通りにまぶたが開閉できなくなる病気です。

片側顔面痙攣」と「顔面ミオキミア」でもまぶたに痙攣が見られます。
「眼瞼痙攣」は両眼のまぶたが上下とも等しく痙攣しますが、「片側顔面痙攣」は、片側のまぶたに始まって次第に同じ側の額、頬、口、あごなどの他の顔面筋に広がって一緒に痙攣する病気です。「顔面ミオキミア」は左右のどちらかのまぶた(主に下まぶた)の一部が痙攣する病気です。

原因と症状

はっきりとした原因はわかっていません。結膜炎や角膜炎、異物の侵入、ドライアイ、ヒステリー、チックなどで起こる痙攣とは全く別の痙攣です。症状の進行はゆっくりしていますが、そのまま放っておいて自然に治る病気ではありません。

40~70歳の中高齢者で発症することが多く、女性に多くみられます。まばたきが増えたり、異常に眩しさを感じたりすることから始まり、多くの場合は次第に痙攣の回数が増し、指でまぶたを持ち上げないと見にくいといった状態に進行して、日常生活や仕事に大きな支障をきたすことになります。さらにはまぶたが開かなくなり、目が見えない状態にまで進んでしまうこともあります。
眩しい光やストレスはこれらの症状を悪化させます。

治療

当院では登録された医師のみが治療できる「ボツリヌス毒素療法」を行います。まぶたや口の周りの皮下にうすめたボツリヌス毒素を注射して、緊張している筋肉を麻痺させる治療です。治療効果は注射後1ヶ月ごろが最大で、3~6ヶ月程度は続きます。その後は効果が弱まるため再度注射が必要となります。
副作用として、まれに寝ているときに眼が閉じにくくなることや、物が二重に見えるということなどが起こりますが、これらは一時的なものです。全身に対する副作用はないため通院治療ができます。
しかし現時点で日本におけるこのまぶたの治療法は、眼瞼痙攣と片側顔面痙攣にしか認められていません。顔面ミオキミアには認められていません。

※ボツリヌス毒素療法及びボトックス治療対象疾患(眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・痙性斜頸)に関する最新情報はグラクソ・スミスクライン株式会社のサイトに紹介されています。

<監修:熊野 祐司>