HOME

音声で読みあげる

病気を知る

角膜感染症

角膜に感染が起こるわけ

角膜は俗に「黒目」と呼ばれており、透明なドーム状の組織で約500μmの厚みがあります。
その角膜に病原性を持った微生物が付着し繁殖(はんしょく)した状態を「角膜感染症」と呼びます。
通常、角膜の表面は簡単には微生物が進入できないように角膜上皮でおおわれています。しかし、何らかの原因で角膜上皮に傷ができてしまうと、微生物が付着して繁殖しやすくなります。

角膜感染症を起こす主な微生物として、細菌・真菌・アカントアメーバ・ヘルペスウイルスなどがあります。症状としては充血や眼痛、眼脂などがあり、起炎菌により症状の程度はさまざまです。

また最近ではコンタクトレンズの普及とともに、コンタクトレンズの正しい取扱いが出来ずに消毒が不十分なコンタクトレンズの装用などが原因で角膜感染症が増加しています。

細菌性角膜潰瘍(さいきんせいかくまくかいよう)

感染性角膜炎・角膜潰瘍の中でもっとも頻度が多く、起炎菌としては緑膿菌、セラチア、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

治療

抗菌薬の投与を行います。点眼薬や結膜下注射(局所投与)と、内服薬や点滴(全身投与)を行います。また病巣取り除くのと起炎菌を知るための「角膜潰瘍の病巣の掻把」も行います。

ページの先頭へ

角膜真菌症(かくまくしんきんしょう)

真菌とはカビの一種で、真菌が原因でおこる角膜感染症です。起炎菌としては酵母菌(カンジダ属)と糸状菌(フザリウム、アスペルギルス属)があります。病気の進行が細菌性より遅いために、比較的症状はゆっくり悪化する傾向があります。

治療

抗真菌薬の点眼局所投与や全身投与を行います。角膜潰瘍の病巣の掻把も行います。

ページの先頭へ

アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバとは土壌などに広く存在している微生物で、アカントアメーバが原因でおこる角膜感染症です。日本では1988年に初めて報告されましたが、近年急激に増加しています。特にソフトコンタクトレンズ装用者の感染が増えており、ソフトコンタクトレンズの洗浄や装用時間などの取扱いが原因となっています。症状は強い眼痛を伴うことが多い感染症です。

治療

アカントアメーバの治療薬はなく、多少の治療効果のある抗真菌薬や消毒薬を使用します。非常に治療に対して抵抗性があり治りにくい疾患です。抗真菌薬の全身投与(内服)と抗真菌薬と消毒薬の局所投与(点眼)、病巣の掻把を繰り返し行います。

写真: 初期 移行期 完成期

ページの先頭へ

ヘルペス性角膜炎

ヘルペスウイルスが原因でおこる角膜感染症です。ヘルペスウイルスには単純ヘルペスと帯状ヘルペスがありどちらも角膜感染症をひきおこします。またいったん治癒しても、体調が悪くなった時などに再発することがあります。

治療

抗ウイルス薬の投与を行います。局所投与として抗ウイルス薬の眼軟膏を用います。

<監修:沼 慎一郎>