HOME

音声で読みあげる

病気を知る

白内障

白内障とは

目の中には「水晶体」というレンズに当たる部分があって、ピント合わせをしています。
白内障は、水晶体がくもりガラスのように白くにごってしまう病気です。

原因と症状

写真: 透明な水晶体(正常)にごった水晶体(白内障)人の目はカメラとそっくりな作りになっていて、水晶体はカメラのレンズに当たります。
カメラのレンズがくもっていると良い写真が撮れないのと同じように、白内障では物がくもってみえたり(霧視)、光の乱反射でまぶしく感じたり、視力そのものが低下します。
白内障と聞くと「加齢が原因」と思いがちですが、生まれつきのもの(先天性白内障)、怪我によるもの(外傷性白内障)、糖尿病やアトピー性皮膚炎・ステロイドの使用などによるもの(続発性白内障)などさまざまです。

治療

写真: 治療白内障の初期には、進行をできるだけ遅らせる目的で点眼薬を使いますが、ある程度進んだ白内障に対しては手術が必要です。
手術方法は、点眼麻酔のあとに、わずか3ミリ以下の切開から超音波で水晶体を砕いて吸引する「超音波乳化吸引術」を行って水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入するのが一般的です。
小切開法で行うため、安全かつ患者さまの早期社会復帰を可能にしています。手術時間は15分足らずです。

片眼2~4日の入院、又は術後の通院が可能であれば片眼ずつの日帰り手術も行ないます。
当院では熟練した常勤医師が年間約3,000例の白内障手術を行っており、患者さまからも高い評価をいただいています。

ページの先頭へ

「先進医療」の多焦点眼内レンズ移植

写真: 「先進医療」の多焦点眼内レンズ移植水晶体には弾力性があり、糸によって茶目(虹彩)の後ろに固定されています。その糸により、水晶体は厚みを変化させてピント合わせを行います。
しかし、眼内レンズは厚みを変えられないため、ピントは1か所に合う(単焦点)のみです。つまり、眼内レンズのピントを遠方に合わせた場合、遠くの物はハッキリ見えますが、近くの物はぼやける「遠視の状態」なので老眼鏡が必要となります。逆に、ピントを近方に会わせた場合、近くはハッキリと見えますが、「近視の状態」なので遠くを見るための眼鏡が必要となります。

当院では「マルチフォーカルレンズ」という遠近両用の多焦点眼内レンズの移植を、平成20年より導入して良好な成績を得ています。
この眼内レンズは近方と遠方の両方にピントが合うように工夫されています。術後に眼鏡が不要になるわけではありませんが、多くの場合、眼鏡を必要としない生活が可能となっています。

写真: マルチフォーカルレンズ

この手術方法は、厚生労働大臣が定めた「評価療養」のひとつの「先進医療」です。

高度な医療技術への費用は、全額自己負担となることが多いのですが、一定の施設基準を満たした医療機関において行う高度な医療技術を「先進医療」と定めて、保険診療分と患者さまの一部負担金の併用が認められています。
詳しい内容はお問い合わせください。

<監修:矢部 伸幸>